マガジンのカバー画像

外資系IT企業でのキャリアデザイン

23
外資系B2B SaaS企業におけるキャリアデザインについて、私なりの考えや情報をお届けします。
運営しているクリエイター

2022年1月の記事一覧

モラハラと言われても言う

わたしは親切な人間ではありません。ですので、基本的に「他人は他人」お節介は苦手です。自分の子供ですらそう思っています。わたしが自分の子供に言うのは「挨拶」「返事」「お礼」「お詫び」といった基本的な礼儀だけです。これさえ出来ていれば、あとは何でも良いと思っています。(仕事に関して言うと、基本的な礼儀だけで良いということにはなりませんが)  また仕事では「他人は他人」と言ってる場合でもありませんが、いい年をして挨拶だ、礼儀だとチマチマ指摘したくもありません。。。 ただ必要なと

スキ
2

トレードオフを扱っているマーケターは経営者です

チェス、将棋、囲碁などにおいては、コンピューターが人間に勝つ時代です。1997年 チェス、2013年 将棋、2016年 囲碁、それぞれAIが人間を倒した年だそうです。 面白いもので、「囲碁は将棋より遙かに複雑だからコンピューターに負けることは絶対にない」というように、「自分のやっていることは難しいんだよ」と言いたくなるのが人間というものかもしれません。 わたしの仕事においては「会社のリソース配分」というある種のトレードオフを扱っています。AIにトレードオフを扱う経営者の仕

スキ
1

ウォーレン・バフェットが面接で問う12の質問

昨日、わたしが採用面接で意識していることについてお話ししました。 その最後に、ウォーレン・バフェットさんの言葉をご紹介したのですが、詳しく書かれた内容を見つけたので共有します。 この記事の中では、ウォーレン・バフェットは、採用する際に見るポイントとして3つあげ、そしてうち一つが最も重要であると言っています。(英文の主語はSomebodyとなっていますが) “Somebody once said that in looking for people to hire, yo

スキ
5

わたしの採用面接は、とてもシンプルです

わたしが採用面接するときに、留意している点は非常にシンプルで、たった1つだけです。 それは、面接を通じて相手の方を尊敬できたかどうかです。 相手のポジションやキャリアに関わらずです。マネジメントの採用であっても、新卒であっても同様です。  尊敬の要素をわたしなりに分解してみました。 1.学びを与えてくれる人であること  これは簡単で、最低条件です。 優秀の定義を考えたことはないですが、面接の中で「新しい学び」を与えてくれたときに「自分より優秀」な方だなと感じます。 「そ

スキ
3

英語力がない人が外資系でなんとか乗り切る方法 その4 なぜ伝わらないかを考える

TOEIC 425点 わたしが新卒でNECに入った時の英語力です。 この試験を受けたとき、新入社員が集められていろんなテストを受けました。大学ごとに座っていましたので、中央大学卒社員の前に座っているのは、上智大学卒の社員です。中央大学のわたしたちが時間いっぱい使ってもTOEICテストを終わらせることが出来なかったのに、目の前に座っている上智大学の人たちは、早々にテストを終えて寝ていました。「あ〜 本当に上智の人たちは英語が得意なんだな」と実感した瞬間でした。 そんな英語力の

スキ
7