ウォーレン・バフェットが面接で問う12の質問
見出し画像

ウォーレン・バフェットが面接で問う12の質問


昨日、わたしが採用面接で意識していることについてお話ししました。


その最後に、ウォーレン・バフェットさんの言葉をご紹介したのですが、詳しく書かれた内容を見つけたので共有します。

この記事の中では、ウォーレン・バフェットは、採用する際に見るポイントとして3つあげ、そしてうち一つが最も重要であると言っています。(英文の主語はSomebodyとなっていますが)

“Somebody once said that in looking for people to hire, you look for three qualities: integrity, intelligence, and energy. And if you don't have the first, the other two will kill you. You think about it; it's true. If you hire somebody without [integrity], you really want them to be dumb and lazy.”

そして、integrityを確認するための質問12が紹介されています。是非本文を読んでいただきたいのですが、わたしがこれまで考えたことのない問いが多いです。実際にこの質問をされたとしたら、回答に困ることでしょう。(日本語で聞かれたとしても) 

最後に、この本をご紹介します。
リーダーシップとかマネジメントに関する本をいろいろ読んだうえで、この本に出会いました。「結局はテクニックじゃなくて、人間性なのね」と感じたきっかけの本が何冊かあるのですが、そのうちの一冊です。

もう新規で販売はしていないようなのですが、機会があれば読んでみていただきたい本です。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

お読みいただき、ありがとうございました!

スキありがとうございます! 嬉しいです
小関 貴志  Coupa株式会社 | JAPAN CLOUD  | エグゼクティブコーチ
ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。 フォローやスキをいただけると大変励みになります!