見出し画像

最後の人に注目は集まる PK戦に変わる新しい決め方

ちょっと前に気づいたこと。

12月も中盤にさしかかり、すっかり年末ですね。ビジネス的には、期末、年度末という人も多いのではないでしょうか。

ところで、ワールドカップサッカーを観ていると、PK戦で決着がつくパターンも多いように思います。

ワールドカップもビジネスの年度末も、最後にPKを蹴る人や、最後に残った商談に注目が集まりますというのが共通点ですね。

最後の商談になってしまったばっかりに、大きな期待とプレッシャーがかかるというシーンは、毎期のように目にします。
野球で言えば、年間143試合の中で、開幕試合も最終試合も同じ1試合ですが、最終戦で優勝が決まった10.8のような試合は、いまだに語り継がれています。

「期末もPKも痺れるな」と思っていましたら、こんな記事を見かけました。

この記事にあった「残酷すぎるPK戦の代案」は面白いですね。ドラマチックという観点では、現行のPK戦に軍配ですが、この代案、どこかで試してみて欲しいです。

さて、ビジネスの期末ですが、こればっかりは「なんとか早めに決着をつける」ということくらいしか、思い浮かびません。

良いアイディア募集します。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

お読みいただき、ありがとうございました!