小関 貴志 Coupa株式会社 代表取締役社長 | JAPAN CLOUD アドバイザー

ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。

小関 貴志 Coupa株式会社 代表取締役社長 | JAPAN CLOUD アドバイザー

ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。

リンク

マガジン

最近の記事

同期は今ごろ何をしているのでしょうか?

こんな記事を見るたびに、大卒で最初に入社した会社の同期たちは、今ごろ何をしているかなと考えます。 わたしは平成6年入社、西暦でいうと1994年です。その頃から役職定年などという制度はあったのでしょうか? 昔は子会社へ出向という形でカバーしていたのですかね。思い出してみれば、専任部長とか、副本部長、本部長代理など、いろんな役職がありましたので、今も昔も変わらないのかもしれませんね。 研修終了間近のある日、配属先の辞令を聞かされて悲喜交々を共有した仲間は、今ごろ何をしているの

スキ
3
    • 前日の続き 2-30年もあれば、けっこう色々できる話

      昨日のnote.は、「奈良時代って意外と短かったんですね」と書きました。 84年で、こんなにたくさんのことが起こったのですから、2-30年もあれば、色々できるかもしれないなと思ったりします。 思い出すのは、伊能忠敬と仲間たちです。 彼らは17年かけて4万キロを歩いて日本地図を作りました。4万キロと言えば、地球一周の距離です。 地図の完成は、伊能忠敬が亡くなった後と言いますので、一生をかけた仕事だったのでしょう。  しかし、「一生をかけた仕事」と言いましたが、伊能忠敬が地

      スキ
      3
      • 奈良時代はわずか84年間でした 2-30年もあれば、けっこう色々できるかもしれません

        この週末は、大阪、奈良、京都へ行き、古墳時代、飛鳥時代、奈良時代、平安時代を辿りました。  昔、学校で勉強したはずですが、驚いたのは奈良時代が思いのほか短かったということです。  710年平城京遷都から、長岡京遷都を経て、794年平安京遷都までの、わずか84年の間に、歴史の授業で習う出来事が、いくつもありました。  キーワードは、古事記、日本書紀、風土記、万葉集、墾田永年私財法、東大寺大仏など。政権も何度も変わったようですし、色んなことがあった84年のようです。 奈良時代

        スキ
        5
        • 仁徳天皇陵で、民のかまどの話を聞きました

          この週末は大阪、奈良、京都のへ。最近のテーマは「歴史を辿る」です。 先々週は旧石器時代・縄文時代の遺跡へ。先週は弥生時代の遺跡へ。ということで、今週は古墳時代、飛鳥時代、奈良時代、平安時代を巡ろうとしています。 しかし、たった2日で古墳時代から平安時代まで回った気になろうとしている自分は、歴史を冒涜していると言われても反論出来ません。 とは言え、決めたことです。まずは古墳時代、一番大きな古墳の「仁徳天皇陵」へ。しかし、大きな古墳というのは、上空からみないと何もわかりませ

          スキ
          4

        マガジン

        マガジンをすべて見る

        記事

        記事をすべて見る
          • 踊る大捜査線の好きなシーンはこれです ドラマから学ぶことは多いです

            ドラマの「踊る大捜査線」が好きです。 1997年に初回放映されたそうなので25年の前のドラマです。社会人3年目にドラマを観ていた記憶はないので、わたしが観たのは何度目かの再放送なのでしょう。 このドラマには、有名なシーンがいくつもあります。 「どうして現場に血が流れるんだ」 「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きているんだ」 などは特に有名ですし、映画版だったかもしれませんが「捜査を立て直す」という室井さんのセリフも好きです。 なかでも、わたしが好きなのは「俺に

            スキ
            5
            • 初めて人生を登山にたとえてみました いかに下山するかの話

              人生を登山にたとえる人がいます。人生7合目などと言ったりしますが、その場合は頂上で最期を迎えるという想定なのでしょうね。 この動画では、パンチ佐藤さんが登山の例えを使っていました。 これまで考えたことはありませんでしたが、 もし人生が、山の1合目から始まり、頂上まで行って下山し、山の1合目終わるとしたら、51歳というのは下山途中でしょう。 とはいえ、頂上に到達した感覚はありませんので、まだ登っている途中なのかもしれません。 ともかく下山をする時には、辛い顔や疲れた顔、

              スキ
              8
              • こういうのは順番ですよ

                自分がやってもらったことや、経験させてもらったことは、ちゃんと次の人にもしてあげたいなという話です。  この歳になると、プライベートで昔からの先輩に会う機会が減りました。ですので、「プライベートで先輩からご馳走してもらう」というシーンは殆どありません。  先日、とある理由で高校時代の先輩に会いました。 部活のコーチで4年先輩です。 仲間でわたしだけが、大学に現役合格したこともあり、わたし自身も部活のコーチをやりました。 そのため、特に大学1年生のときは色んなところに連れて

                スキ
                8
                • お金の使い方について、イチロー先生に学ぶ

                  この「おしえて! イチロー先生」。色々なバージョンがあって好きなシリーズです。 こちらの動画はお金について。 「この動画の中で、イチロー先生はこんなことを言っています。 わたしたちCoupaの考えと同じだなと思いました。 イチロー先生が話しているのは「個人のお金の使い方」の話ですので、「企業の支出」の話はしていません。しかし「もっと大事なのはどうやって使うかということ。何に使うか。」というのは企業においても同様です。 それは単に「企業の支出を減らして節約しましょう」

                  スキ
                  6
                  • 数字は嘘つかないが、嘘つきは数字を使う

                    メルマガはあまりとらないようにしているのですが、Tom Fishburneさんは好きで、メルマガを楽しみにしています。 サンノゼでやったMarTechで、ご本人に会え、本にサインを貰いました。サインをもらったのは、子どもの時、巨人の淡口選手にもらった以来でした。 今週のメルマガは、dara-drivenがテーマ。 過去を振り返って、「わたしがストレスを感じる瞬間」トップ5に入るのは、会議の参加者全員が合意できる実績数字が見えない時です。 「この数字合ってます?」「わたしの見

                    スキ
                    4
                    • 心理的安全性があるチームというのは、こういう監督がいるチームなのでしょうか

                      こちらの動画、なんかいいですね。 野球選手にとっての帽子は、色々な想いが詰まった特別なアイテムです。 選手たちの反応を見る限り、一気に緊張や悲壮感がなくなっているように見えます。帽子のつばには、いつも練習やミーティングで伝えているメッセージが書いてあるのでしょうか。 監督と選手の信頼関係の大きさが画面に溢れていますね。

                      スキ
                      1
                      • 「金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことは全てを失う」という言葉

                        「金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことは全てを失う」という言葉があります。 原文は、こちらのようです。 Money lost -- little lost.  Honour lost -- much lost.  Pluck lost -- all lost. チャーチル元イギリス首相の言葉だと思って、画像を買ったのに、E.W.HORNUNGの言葉だとのこと。 Pluckを失うということは、勇気を失う、挑戦しない、負け癖がつく、諦めぐせがつく

                        スキ
                        6
                        • レシピ通りに作るカレーは美味しいです まずは「守」から

                          平日も週末も、CoCo壱番屋のカレーを配達してもらって食べるのが好きです。 今日は、豚しゃぶカレー 400g 5辛、ハーフソーセージ、ハーフクリームコロッケ、ハーフほうれん草、チーズ、コーン、ソース増量です。まあまあ高くなりましたが、トッピングで自分好みのカレーに出来るのがCoCo壱番屋の醍醐味です。 CoCo壱番屋のようなカレーも大好きですが、自分で作るスパイスカレーも大好きです。 わたしが作るスパイスカレーは、水野仁輔さんのカレーです。水野さんの本は何冊も持っていま

                          スキ
                          7
                          • 車の盗難にあって、ようやく学びました 愚者は経験に学ぶ

                            昨日は、朝から自宅の防犯対策工事がありました。 皆さんは、セコムしてますか?   わたしが住んでいるエリアは、神奈川県の平和そうな住宅街です。 周囲の皆さまには申し訳ないのですが、高級住宅街でもありませんので、周囲のお宅でセコムしているお宅はありません。 わたし自身もこれまで防犯対策など考えたこともありませんでした。 しかし、いまの我が家には、威圧感のある防犯カメラが2台と、セコムのシールがでかでかと貼ってあります。 正直恥ずかしいです。 「何、気合い入れてんの? 誰もこ

                            スキ
                            8
                            • WBC代表メンバー選びから学ぶチームの多様性について

                              WBCやオリンピックが近づくと、そのチームメンバーに誰を選ぶかが話題となります。 つい先日もこんな動画があがっていました。 2023年のWBC代表メンバーについてです。 面白いなと思うのが、プロ野球のような数字がきっちり出る勝負の世界で、なおかつ、キャッチャー出身者という共通点がありつつも、選ぶ人によってメンバーが変わってくるということです。 チーム作りの方針によって、メンバーが変わってくるのはもちろん、近い方針でも、各選手への評価が違うことで、結果として選ばれるメンバ

                              スキ
                              2
                              • わたしが日本の大企業を辞めた時の話

                                「生まれ変わったら、もしかして自分にもチャンスがあるかも」と思うことと、「生まれ変わっても無理だな」と思うことがあります。  「何回生まれ変わっても無理だな」と思うことの一つは宇宙飛行士になることです。 他には、器械体操の選手も、絶対ムリだなと感じます。それだけに尊敬の対象であるわけです。 こちらは、その宇宙飛行士の野口さんの動画です。 日経テレ東大学は好きで良くみています。今回は「転職」が一つのテーマのようです。 印象に残ったのは、「1人でアイデンティティを作れるよう

                                スキ
                                5
                                • 「あの時、どこで何をしていた」と明確に思い出せる出来事

                                  知人のSNSに、「ポケモンGOが日本でスタートしてから6年経ちました」とありました。  そう言えば、ポケモンGOがリリースした初日に何をしていたか思い出してみました。 六本木のオフィスから、恵比寿のセミナー会場へ移動するタイミングで初めて使い始めたような気がします。  「その時、どこで何をしていましたか?」 という質問の定番シチュエーションは、東日本大震災になってしまうかもしれません。多くの犠牲者が出ましたし、忘れられない記憶になっています。その瞬間を覚えていない人には会

                                  スキ
                                  3