エグゼクティブコーチングノート

11

コーチの語源は「運ぶもの」

コーチの語源は「運ぶもの」だそうです。 その昔、ハンガリーにコチという町があったそうです。そこは当時輸送網の重要拠点だったそうで、活発な貿易の中心地でした。多くの馬車が旅の途中でコチに停まり、そのため自然とコチでは馬車が作られるようになったのです。 15世紀には町の車大工が、鉄のバネ…

エドガー・H・シャイン 『キャリア・アンカー』

私もセルフアセスメントをしてみましたところ、TF(専門・職能別能力)でした。 自分が「自分はこうだ!」と回答しているので、当たり前と言えば当たり前なのですが、「確かにその通りだな」と思います。そして、こういったテストではだいたい同じような結果になります。 昔から、江戸切子や彫刻などの伝統…

ウォーレン・バフェット 成功の秘訣 アレックス・バナヤン 『サードドア』より

「1枚目の紙には、これから先の1年で達成したい25個のことを書くんだ」 「この中で、今から3ヶ月で達成したいものを5個しか選べないとすれば...」「どれにする?」 「その5つを2枚目の紙に書き移して」 「これで2つのリストができた」 「5つのリストの上に『優先リスト』と書いて」 「残りの20…

コーチの役割はデコボコの壁?

「壁打ち」という言葉がありますね。 もともとは、テニスなどの練習として、一人で壁に向かってボールを打ち続けることから生まれた言葉かと思います。ビジネスの世界では、会話のキャッチボールを通じて考えを整理する行為といったところでしょうか。 コーチングというと大げさですが、「コーチは壁打…

言ってることは正しいが、、 に続く言葉TOP5

「この人、言ってることは正しいんだけど、その言い方だと効果的に伝わらないよな、、、」と感じることが多々あります。 そこで、「言ってることは正しいが」でGoogle検索してみたところ、面白い検索結果が出てきました。 私なりに考えてみたコメントも含めて、私が選ぶ「言ってることは正しいが、」に続く…

鈴木博毅 『3000年の叡智を学べる 戦略図鑑』

杉野幹人 『超・箇条書き』

リーダーの皆さんにとっては、「伝えたいことを、相手に効果的にスキル」は身につけたいスキルではないでしょうか。「超・箇条書き」のスキルは1つの答えだと思います。 書籍のなかで「英語」について言及されていますが、私は、「超・箇条書き」のスキルは英語によるコミュニケーションを容易にすると考えてい…

横山禎徳 『組織』

「戦略での差別化が限界に達した時代の、組織の本質を語る。」という、帯に書かれたフレーズが印象的でした。そして「組織論」ではなく「組織デザイン」なんだと。 組織を構成するシステム 1.意思決定システム a.情報収集システム b.会議システム 2.業績モニター・評価システム a.管理…

安達元一 『優しい会社』

とても好きな本のご紹介です。 社長さんにも、新入社員さんにも、中堅社員さんにも、皆それぞれの時代の価値観があり、個人の価値観があるわけですが、価値観の違い(多くの場合は、「相手と違う」というよりも、「相手を知らない」ですよね) から、誰かにイライラしたり、「みんな馬鹿」みたいに感じ…

行動規範・VALUEの事例を調べました

企業のリーダーとお話ししていて、一番多くディスカッションのテーマとなるのが、行動規範、VALUE、価値観、カルチャーといったものです。 組織の美意識という表現をした方がいますが、非常にしっくりきます。 「もっと自主的に行動して欲しい」「考え方が甘いんだ」「何度も言ってるんだけど伝わら…