小関 貴志 Coupa株式会社 | JAPAN CLOUD | エグゼクティブコーチ

ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。 フォローやスキをいただけると大変励みになります!

組織運営・チーム作りについて

すべて見る

A380生産終了 大幅ストレッチから生まれるイノベーション

いつか、A380でハワイに行きたいなと思っていたのですが、生産終了のニュースを目にしました。 記事を読みますと、売りである「大きさ」が仇となった面も少なくなさそうです。 「ベストケースで計画すると、何かあった場合のリカバリーは苦戦する」と感じます。 「これくらいのデマンドがあるはずなので、この投資をしたい。」 「何人採用できれば、これくらい売れるはずなので、売った後のリソースを確保したい」 「れば」と「はず」が多ければ多いほど、計画はその通りにならず、「理論上こうなる

一日あたり850億円売り上げる会社の経営は、どんな感じなのでしょう?

トヨタの営業利益が2.9兆円だそうです。 わたしも昔からトヨタ車ユーザーですし、以前セールスフォース社のイベントで、豊田章男さんのお話を聞いて以来、豊田章男さんのファンです。日本を代表する企業ですので、業績が良いのは嬉しいニュースです。 売り上げは、31兆円超。設立は1937年なので、設立して85年。会社というのは、わずか85年でそんなに大きくなるものなんですね。 31兆円というと、毎日850億円売り上げるということです。ざっくり一秒あたり100万円売れているということで

スキ
3

改めて『組織』を読んでみた

2年前に書いたこのnote.に「いいね」をいただきました。改めてどんな本だったのか? 2年前のわたしと、今のわたし、恐らく目につく場所が違うのではないか? という期待もこめつつ、パラパラと読み返してみました。 実際にこの本は、皆さんにもオススメしたいので、読まないと真意はわからないような抜粋に留めます。 p.34 「組織の場合、「あちらを立てればこちらが立たず」の状況に直面した場合には、最初はどちらかを選択し、どちらかを犠牲にするのがよい」  p.62 「優しいが実は

スキ
3

福田さんとの対談 ミドルマネジメントシリーズ 今回もライターさんに上手にまとめていただきました

福田さんとのお付き合いは長いのですが、このような形でご一緒するのは初めてかもしれません。 実際には、まとまりのない話だったと思いますが、ライターさんのおかげで上手にまとめていただきました。 このシリーズは、「ミドルマネジメント」についての連載です。わたし自身もミドルマネジメントとして、何か発信出来ると良いなと思ったのがきっかけです。 以下一部の抜粋です。是非記事をご覧ください。 福田:ミドルマネージャーの採用基準や育成について考えられていることはありますか? 小関:

スキ
5

Stay Connected

わたしが日々何を考えているのかを、社員の皆さんに共有するためにスタートした日記です。短いですが出来るだけ毎日書こうと思います。

すべて見る

A380生産終了 大幅ストレッチから生まれるイノベーション

いつか、A380でハワイに行きたいなと思っていたのですが、生産終了のニュースを目にしました。 記事を読みますと、売りである「大きさ」が仇となった面も少なくなさそうです。 「ベストケースで計画すると、何かあった場合のリカバリーは苦戦する」と感じます。 「これくらいのデマンドがあるはずなので、この投資をしたい。」 「何人採用できれば、これくらい売れるはずなので、売った後のリソースを確保したい」 「れば」と「はず」が多ければ多いほど、計画はその通りにならず、「理論上こうなる

仕事のやり甲斐について考えるきっかけになった出来事 オールブラックス in 六本木ヒルズ

仕事のやり甲斐という大きなテーマを、10分くらいで書いている日記で扱うというのはチャレンジングですが、ちょっと頑張って書いてみます。 数年前の休日、六本木ヒルズで、オールブラックスのメンバーが数名見かけました。ちょうどラグビーワールドカップを日本で開催したときでしょう、トークショーのような催しものに来ていました。 わたしは偶然居合わせたのですが、結構な人混みだったので、「これは何だ?」と動画をとってみたのがこちらです。 人混みの影で見えにくいかもしれませんが、選手を誘

スキ
2

「グローバルな仕事」をしたいと思ったことは、いままで一度もありません

わたしは、外資系の会社で働いていますが、考えてみれば、これまで一度も「グローバルな仕事」をしたいと思ったことがないなと、中田敦彦さんのこの動画を観ながら思いました。 30代前半くらいに、豊かな暮らしを求めて、海外で暮らしたいと思ったことはありますし、ハワイでのんびり暮らしたいと現実逃避したことはありますが、海外で仕事をすることは非現実的だと諦めてしまって以来、海外で暮らしたいと思ったこともありません。   学生時代も社会人になっても、現実逃避以外では、海外留学をしたいと思

スキ
9

あなたの神回はなんですか? わたしの神回は、この2つです

「神回」という表現があります。テレビやラジオ、漫画などに対してよく使うフレーズでしょうか。 みなさんには、ぱっと頭に浮かぶ「神回」がありますか? わたしにはあります。ドカベン 31巻とか、金八先生の加藤が捕まる回、笑っていいとも!の最終回もそうですし、M1だったら、笑い飯の奈良歴史民族博物館をはじめとし、毎年が「神回」です。 そのなかでも、特に印象深いのがこちらの二つです。2011年の震災後の放送です。 「神回」というニュアンスとはちょっと違うかもしれませんが、伊集院

スキ
2

わたしについて

すべて見る

仕事のやり甲斐について考えるきっかけになった出来事 オールブラックス in 六本木ヒルズ

仕事のやり甲斐という大きなテーマを、10分くらいで書いている日記で扱うというのはチャレンジングですが、ちょっと頑張って書いてみます。 数年前の休日、六本木ヒルズで、オールブラックスのメンバーが数名見かけました。ちょうどラグビーワールドカップを日本で開催したときでしょう、トークショーのような催しものに来ていました。 わたしは偶然居合わせたのですが、結構な人混みだったので、「これは何だ?」と動画をとってみたのがこちらです。 人混みの影で見えにくいかもしれませんが、選手を誘

スキ
2

「グローバルな仕事」をしたいと思ったことは、いままで一度もありません

わたしは、外資系の会社で働いていますが、考えてみれば、これまで一度も「グローバルな仕事」をしたいと思ったことがないなと、中田敦彦さんのこの動画を観ながら思いました。 30代前半くらいに、豊かな暮らしを求めて、海外で暮らしたいと思ったことはありますし、ハワイでのんびり暮らしたいと現実逃避したことはありますが、海外で仕事をすることは非現実的だと諦めてしまって以来、海外で暮らしたいと思ったこともありません。   学生時代も社会人になっても、現実逃避以外では、海外留学をしたいと思

スキ
9

中止or実施の決断は難しいと思います

コロナ禍になって以来、何かと中止や延期にすることが増えたような気がします。 わたしの仕事に近いところでは、オフライン(対面型)イベントや海外出張などが思いつきます。 難しいと思うのが、「これからどっちの方向にいくのかの判断がしにくい、将来のこと」に対する判断であり、「一生懸命時間と労力をかけて準備してきたこと」に対する判断だと思っています。  以前、仙台まで落語を聴きにいったことがあります。 楽しみにしていた志の輔さんです。 中入りに入って、後半が楽しみだなと思っていた

スキ
2

福田さんとの対談 ミドルマネジメントシリーズ 今回もライターさんに上手にまとめていただきました

福田さんとのお付き合いは長いのですが、このような形でご一緒するのは初めてかもしれません。 実際には、まとまりのない話だったと思いますが、ライターさんのおかげで上手にまとめていただきました。 このシリーズは、「ミドルマネジメント」についての連載です。わたし自身もミドルマネジメントとして、何か発信出来ると良いなと思ったのがきっかけです。 以下一部の抜粋です。是非記事をご覧ください。 福田:ミドルマネージャーの採用基準や育成について考えられていることはありますか? 小関:

スキ
5

エッセイっぽいもの

南海キャンディーズの山ちゃん、オードリーの若林さん、ハライチの岩井さんに憧れて、私もエッセイっぽいものを書いてみたいなと思いました。いざ書こうと思うと難しいものですが、独り言のつもりで書いています。

すべて見る

あなたの神回はなんですか? わたしの神回は、この2つです

「神回」という表現があります。テレビやラジオ、漫画などに対してよく使うフレーズでしょうか。 みなさんには、ぱっと頭に浮かぶ「神回」がありますか? わたしにはあります。ドカベン 31巻とか、金八先生の加藤が捕まる回、笑っていいとも!の最終回もそうですし、M1だったら、笑い飯の奈良歴史民族博物館をはじめとし、毎年が「神回」です。 そのなかでも、特に印象深いのがこちらの二つです。2011年の震災後の放送です。 「神回」というニュアンスとはちょっと違うかもしれませんが、伊集院

スキ
2

わたしが情熱大陸に出たら、冒頭のナレーションはどうなるか?という妄想

わたしが情熱大陸に出ることは一生ないでしょうが、もし出たら、冒頭のナレーションはどうなるか、そんなことを考えてみました。 これまでの放送を検索してみると、いくつか出てきました。 どれも雰囲気がありますね。 車に乗っている横顔から番組がスタートする印象があります。 自分だったら、どんなナレーションからスタートするかを考えてみましたが、いまいち思い浮かびません。それもそのはず、そういえば、この番組、あまり観たことないんです。 その人のオフの日常からスタートするのが、番組の

スキ
5

ちょっと反応が出て嬉しい 「どうせなら」という感覚

昨日、3回目のワクチン接種をしました。ファイザー ファイザーと続いたので、今回はモデルナにしてみました。 2回目までは、ほぼ副反応は無かったので、少し複雑な心境でした。今回は、ちょっと反応が出ました。 例えるなら、せっかく整体に行ったのだから「凝ってますね」と言われたいですし、「イテテテテ」と言いたいです。せっかく垢すりをしたのだから、ゴッソリ垢が出て、嬉しくもあり恥ずかしくもありの感覚を味わいたいものです。 なんと言うか、どうせなら「らしさ」を味わいたいという感覚です

スキ
2

「砂不足」から学ぶ 「知識」と「想像力」について

燃料不足、水不足、森林減少などは、一般的によく知られている事象ですが、下記の記事にある通り、人類は「砂不足」の危機に直面しているそうです。 言われてみれば、岩も石も土も砂も、みんな自然資源ですので無限ではありません。 しかし、そこまで想像したことはありませんでしたし、そういう知識も持っていませんでした。 想像力か知識のいずれかがあれば、考えの幅は広がり、行動が変わるということを再認識したニュースでした。 日々の仕事においても同様で、想像力と知識の両方もしくは、いずれが社

スキ
2

エグゼクティブコーチングノート

すべて見る

良かれと思って余計な一言を言ってしまうこと Adding Too Much Value これは結構難しいことだと思っています。

せっかく自分に相談してくれたのだから、何か自分もアイディアを伝えて貢献したいと思うものです。 誰かのアイディアや提案に対して、単に「いいね!」というだけでは、何も考えていないヤツだと思われるのではという恐れがあります。自分の価値を「何か足してあげたい」という気持ちになるのは責められないなぁと感じます。 マネージャーの仕事の1つは、メンバーの思考の枠を広げるサポートをすることかと思います。既存の考えや、これまでの経験に基づく思考の制約を広げるサポートです。そのために、こんな

スキ
3

改めて『組織』を読んでみた

2年前に書いたこのnote.に「いいね」をいただきました。改めてどんな本だったのか? 2年前のわたしと、今のわたし、恐らく目につく場所が違うのではないか? という期待もこめつつ、パラパラと読み返してみました。 実際にこの本は、皆さんにもオススメしたいので、読まないと真意はわからないような抜粋に留めます。 p.34 「組織の場合、「あちらを立てればこちらが立たず」の状況に直面した場合には、最初はどちらかを選択し、どちらかを犠牲にするのがよい」  p.62 「優しいが実は

スキ
3

細かい話こそ大切な話だったりします

誰かと会話をするとき、「こんな細かい話、いちいち話すべきなのだろうか? 」と思うことがあるかもしれません。でも「細かい(とあなたが思うかもしれない)話こそ、大事な話です」という話です。 家族同士であればまだしも、ビジネス上で、「細かい話」をするという行為に躊躇する方は多いでしょう。 わたしも、「これも細かい話だから、いちいち言うまでもない。あれも細かい話だから、いちいち言うまでもない。」 というスパイラルに入ってしまい、結果話すテーマがなくなるということがよくあります。

スキ
3

リーダーシップのかたちについて リーダーとマネージャー

“彼はマネジメントの技術を磨き、単純な行動の積み重ねにより業務を強化することの大切さを力説した。人材を最優先し、強力に業務を押し進めるマネージャーは、部下によって「リーダー」とみなされる。そうしたマネージャーは、リーダーの地位を与えられるというよりは、自らの行動を通してリーダーの座を勝ち取るのだと、ビルは信じていた。” 出典 『1兆ドルコーチ』 これは、スティーブ・ジョブズ、エリック・シュミット、ラリー・ペイジ共有の師といわれる、ビル・キャンベルについて書かれた書籍『1兆ド

スキ
3