小関 貴志 Coupa株式会社 代表取締役社長 | JAPAN CLOUD アドバイザー

ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。

小関 貴志 Coupa株式会社 代表取締役社長 | JAPAN CLOUD アドバイザー

ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。

リンク

マガジン

Stay Connected

わたしが日々何を考えているのかを、社員の皆さんに共有するためにスタートした日記です。短いですが出来るだけ毎日書こうと思います。

すべて見る

ちょっと言うのが遅かった

タクシーに乗りました。 運転手さんに目的地を伝えましたところ「新人なので、ナビを入れていいですか?」言われたので、もちろん「はい、どうぞ」とお答えしました。 溜池方面から、ミッドタウンの車寄せに入るには、六本木交差点の一つ前で曲がります。ちょっと道がわかりにくいよなと思いつつ、ナビを「ミッドタウン 駐車場」で入れていただいたので、大丈夫かなと願い、「そろそろ右」というところに近づいてきました。 「大丈夫だよね? 大丈夫だよね?」と願っていたところ、右折レーンに入らずに

スキ
1

オブジェクションハンドリングと後輩から感謝される先輩の共通点とは

仕事でオブジェクションハンドリングの話をする機会がありました。  オブジェクションハンドリングは、応酬話法や反論処理などとも言われますが、お客様や見込み客などからの、反対意見、疑問、懸念などに対する対応手法です。 その基本となるのは、お客様が「xxが懸念です」と表明されたときに、即座にそれに反応して、相手を説得しようとしないことです。 自分の意見や立場を話し始める前に、「懸念への共感」と「その発言の真意を確認する」というプロセスを忘れてはいけません。  多くのケース、(

スキ
5

今なら違う選択をしたかも 浪人の一年は後から考えれば短い 浪人してないですけど

今年の受験シーズンも終盤です。 わたしは、大学を既に卒業して25年以上経っていますが、どの大学に入るかは、人生の岐路の一つであったことに間違いはないでしょう。 もっと難易度が高い大学に入っていたらといった話ではなく、シンプルに学校が違えば出会う人も違うわけで、そういう意味で「人生の岐路」だったなと思います。 その当時は「浪人しない」ということが最優先でしたので、運良く入れた大学に入りましたが、あの時浪人していたらどうなったかなと考えることがあります。 わたしの時間感覚

スキ
6

オフレコの話などありません

首相の秘書官が更迭されました。 わたしは、以前こんなnote.を書きました。 「個人の意見」として尊重されるべきものもあれば、それが個人的の見解だろうが、オフレコだろうが、受け入れられないものがあるということでしょう。 そして、「受け入れられない発言」をしたときに、「なんだこいつ?付き合うのやめよう」と思われるだけで済むこともあれば、職を失う人もいるということです。

スキ
2

組織運営・チーム作りについて

すべて見る

メンバーのモチベーションを気にしない?

Googleのオススメニュースによく出てくるのが、ダイヤモンド・オンラインの記事です。 いずれもタイトルが興味深く、ついついクリックしてしまいます。今日は、この記事を読みました。 わたしが28-35歳くらいまでは、この記事にあるようなことを考えてマネージャーとして仕事していました。この記事にある「仮面をかぶる」ことを意識して行動していたのです。 多分、わたしなりに色々な本を読んだり、自分の性格を考えた結果としてやっていたスタイルです。 記事の中には「部下のモチベーショ

スキ
4

抗うか従うか

昨日、歴史は繰り返すというnote.を書きました。今日のネタを探していたところ、こんな記事を見かけました。 Googleは、いまは18万人を超える規模の会社だそうです。そして多くの社員やCEOでさえ、同社があまりにも遅く、官僚的で、生産性が低いことに不満を持つようになったという記事でした。 記事の著者は、その原因が「企業規模とボトムアップの組織構造」にあると仮定しています。 わたし自身はトップダウン型の組織にいたこともありますが「統制が効く」ことと「意思決定が早い」のは

スキ
2

縄文時代の集落発展、6つのステージ 会社も同じだと思いました 函館旅行にて

年末年始は、函館にいました。何をしにいったということではないのですが、初めての函館でしたので、楽しい時間を過ごしました。 昨年夏、子どもと一緒に縄文時代の遺跡に始まり、弥生時代、古墳時代、飛鳥時代、奈良時代、平安時代を辿る旅をしました。 それ以来、少し縄文時代に関心を持っていたこともあり、函館駅に掲示されていたこのパネルが目に留まりました。 「縄文時代の集落展開と精神文化に関する6つのステージ」です。 これを見ると、人間の行動、組織化というのは、共通点が多いのだなと感

スキ
5

監督を輩出できるチームについて

正月の風物詩、箱根駅伝です。 この時期になると、自分の出身大学を思い出します。一年前にこんなnote.を書きました。今年も大学のゼミメンバーのLINEグループで、ゼミ長が駅伝のニュースを投稿してくれました。 ことしは中央大学が大躍進しました。四年生の活躍もあったと同時に、一年から三年生までの活躍もあり、来年以降も楽しみです。 数年は厳しい期間がありましたが、躍進の要因には「規律」があったそうです。 今年の箱根駅伝には、予選会を勝ち抜いた立教大学が出場していました。監督は

スキ
7

エグゼクティブコーチングノート

すべて見る

メンバーのモチベーションを気にしない?

Googleのオススメニュースによく出てくるのが、ダイヤモンド・オンラインの記事です。 いずれもタイトルが興味深く、ついついクリックしてしまいます。今日は、この記事を読みました。 わたしが28-35歳くらいまでは、この記事にあるようなことを考えてマネージャーとして仕事していました。この記事にある「仮面をかぶる」ことを意識して行動していたのです。 多分、わたしなりに色々な本を読んだり、自分の性格を考えた結果としてやっていたスタイルです。 記事の中には「部下のモチベーショ

スキ
4

『ザ・ビートルズ Get Back: ルーフトップ・コンサート』のポール・マッカートニーとリーダーシップの難しさ

普段ディズニー作品を観ることはないのですが、Beatlesのこの動画を観たくて加入したDisney+でしたが、「観てよかった」と思える作品でした。  わたしなどは、ビートルズファンと言うのが憚られるくらいのレベルですが、昔飼っていたリクガメと犬の名前は、ジョンとポールでした。  娘の名前をリンゴにするのと、息子の名前をジョージにするのは家族の合意を得られなかったので実現することはありませんでしたが。 この作品をみるまでは、こう思っていました。 ・ビートルズの解散理由は、グ

スキ
3

社長を選ぶ人材の条件について

少し前の記事ですが、こんな記事を読みました。 内容は、人材の登用についての話でした。 「品格」と「人徳」が大切なのはわかりますが、どうやって身につければ良いかはわかりません。 しかし、以前のnote.でも書きましたが、ウォーレン・バフェットさんもintegrityが大切と言っていますので、欠かせない条件なのでしょう。 「品徳」というものを、どのように学ぶかは書いてありませんが、この12の質問を読んで、感じたことがあります。 まずは「自身の弱さや、そこから生まれる葛藤

スキ
4

ミドルマネージャー向けの連載がスタートした理由

ジャパン・クラウド・コンサルティング在籍時にスタートした、"ニューノーマルのミドルマネジメント"シリーズ。 過去、6回の連載をしていただきましたが、最初の連載から早いもので2年経過しようとしています。 多くの方に読んでいただき、月間ランキングで2位になった記事もありました。 そもそも、なぜミドルマネジメントに焦点を当てたかったかというと、 まず、わたし自身、企業の強さはミドルマネージャーが握っていると感じています。 次に、わたしは現在外資系IT企業の代表取締役社長です

スキ
4

エッセイっぽいもの

南海キャンディーズの山ちゃん、オードリーの若林さん、ハライチの岩井さんに憧れて、私もエッセイっぽいものを書いてみたいなと思いました。いざ書こうと思うと難しいものですが、独り言のつもりで書いています。

すべて見る

「40歳までにやっておくべきこと」ってあるのでしょうか?

この冬は、例年以上に知人の転職ニュースを耳にしたような気がします。悲喜交々、少し心がザワザワします。 転職する人の話を聞いていて、たまに耳にするのは「xx歳までには、xxしないといけないので転職を考えています」というものです。 ネットにも、そのような「今でしょ」系の情報は多いような気がします。そのなかには、無理にコンペリングイベントを作りたいがための広告的なものもあれば、本気でそういった心配をしている人も多いように思います。 「転職するなら35歳まで」とか、「40歳まで

スキ
3

直感を信じる

棋士の羽生善治さんは、「直感とは何か?」という問いに対して、こんなことを仰っているそうです。 羽生さんの著作に『直感力』という本がありますが、将棋の世界の方が言う言葉には重みを感じます。 「直感」は決してヤマカンではなく、経験と思考の蓄積から導きだされるものなのでしょう。 羽生さんの言葉の中で、「これをしてはいけない、と分かるのが直感です。答えは分からなくても、ダメなことが分かるのがすごく大切なんです。」という点は、ビジネスの世界においても同様だと思います。 わたしは

スキ
3

愛想たっぷりに日本語で押し通すホテルマンと、流暢な英語で無愛想なホテルマン

わたしはビュッフェというか、バイキングというか、食べ放題的なものが好きです。 ビュッフェでの敵は自分です。 「最初に温かい料理をとってきて、他のものをとっているうちに冷たくさせないこと」「最初にカレーを食べ過ぎないこと」「格好つけてサラダでお腹いっぱいにいないこと」「サラダのフリして、ポテトサラダばかり食べないこと」「他人の皿をみて、え? xxなんてあった?と言わないこと」そんな注意事項を反芻しながら、今日も朝ビュッフェに行きました。ホテルのビュッフェです。 近くで海外

スキ
4

全国の天気予報が気になるということは、大切な知り合いが増えたということ

寒波が全国を覆っているようです。 自分が住んでいる土地以外の天気や地震速報が気になるというのは、それだけ大切な知り合いが全国にいるということでしょう。 京都の雪が大変そうだな、あの人たちは大丈夫かな? また、熊本で豪雨か、、 あの人たちは大丈夫かな? 福島で地震か、、あの人たちは無事かな? それだけ気になる天気予報があるということは、「心配ごとが増える」という捉え方も出来ます。毎日どこかで地震があって、毎日どこかで雨が降っているのですから。 大きなチームをサポートす

スキ
4

わたしについて

すべて見る

How to Win Over a Boss Who Just Doesn’t Seem to Like You

ハーバードビジネスレビューの記事です。 「上司に嫌われているかもと思ったら」ということですが、わたしは基本鈍感なので、自分が嫌われていると感じたことがありません。 とは言え「これでは、信頼を失ってしまうな、失ってしまったな」と思うことは多々ありますので、同じことかもしれませんね。 興味がある人は、是非本文を読んでみて欲しいです。 わたしは飲みに行って人間関係を構築するというのが苦手なので、好かれるも、嫌われるも仕事の場面しかありません。飲みに行ってリカバリーしたり、飲み

スキ
4

「昔から知ってた」と言いたい癖があるようです

人間、誰しも癖があります。もちろんわたしにも癖があります。自分が認識しているものだけでなく、まだ気づいていないものもあるでしょう。 気づいている癖の一つが、「昔から知ってたと言いたい病」です。 「ラーメン二郎は、1987年から通っていたよ。三田本店は昔は別の場所にあって、シャッター二郎を何度もやったよ」とか。 「家系ラーメンは、1991年に六角橋の六角家に初めて行って、吉村家がまだ磯子にあった頃から行ってたよ」とか。 仕事でも、そういう傾向はあります。格好悪いので口に

スキ
5

フットワークが良いという長所があります

わたしの長所の一つは、遠出することに関してフットワークが良いことです。 今週前半は、家族で沖縄にいましたが、今は仙台にいます。今年の年越しは家だなと思っていましたが、今日の昼ごろに急遽決めた旅です。 車で函館に行こうとして家を出ました。青函トンネルは、車が通れないらしいと先ほど知りました。そんな旅に家族も両親も巻き込んでしまいました。 今日は仙台で一泊、明日は函館で、そして明後日は雫石で一泊したあとに、明々後日はスパリゾートハワイアンズで一泊して家に帰る予定です。 目

スキ
8

実は、わたしの今年の運勢はこれでした 48位中の、、

今年、2022年もあと数日ですが、実は年初の占いによるわたしの運勢はこんな感じでした。 おうし座とO型の組み合わせ、48組中48位でした。 「占いは信じない」などと強がってみせても、さすがに「やることなすこと全て上手くいかない年」という占いは嫌な感じでした。 「運勢が悪い社長」というのは、みんなの意欲を削ぎますので、社員の皆さんには内緒にしていましたが、実は年初にこんなことを言われた年だったわけです。 では、2022年の結果はどうだったか? 占い通りだったのか? 

スキ
8