小関 貴志 Coupa株式会社 代表取締役社長 | JAPAN CLOUD アドバイザー

ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。

小関 貴志 Coupa株式会社 代表取締役社長 | JAPAN CLOUD アドバイザー

ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。

リンク

マガジン

Stay Connected

わたしが日々何を考えているのかを、社員の皆さんに共有するためにスタートした日記です。短いですが出来るだけ毎日書こうと思います。

すべて見る

菅元総理の弔辞から、イチローさんの言葉を思い出しました 誰かを思いながら

菅元総理の弔辞から、イチローさんの言葉を思い出しました。 菅元総理の弔辞や、総理大臣を引き受けた理由からは、安倍総理を思って(想うという表現のほうが適切かもしれません)役目を全うしているのだろうと強く感じました。 誰しも、生きているのは自分の人生です。自分のために生き、仕事においても、自分のために仕事をするものだと思います。少なくともわたしはそうです。 誰かが笑顔になること、お客さまの成功に立ち会うこと、社会に貢献出来ていると実感できる瞬間が、自分の喜びです。 そして

キーボードを打つ音がうるさい人に会いました

昨日電車で、異常にキーボードを打つ音がうるさい人に会いました。会ったというか、居合わせただけなのですが。 何かシンドロームとか、病名がついているのかなと、ネットで「キーボード打つのがうるさい人 病気」で検索したら、かなりの結果が出てきました。 また、下のスクリーンショットのように、いくつもの検索候補が出てきました。 どうやらお悩みの方は多いようです。 わたしの場合は、電車の中で数分くらいの出来ごとでしたが、これが毎日だとしたら、なかなか辛いですね。 キーボードのEnt

スキ
2

英語と私

外資系の会社で働いています。 もう少しちゃんと英語を勉強してくれば良かったと思うことがあります。一方、出来ないのに、慣れてきたという側面もありますが、、、  今からさかのぼること、33年。高校時代のことです。わたしが通っていた高校は、帰国子女の入学枠がある高校でした。同時に、在学中に海外留学する人の多い高校で、わたしがいたクラスは、半分くらいの人が英語を喋れるといったクラスでした。 後にCNNのキャスターをすることになる人と隣の席になったときのことです。 英語のテストの

スキ
2

プロは勝って和す

草野球あるあるかと思うのですが、自分たちのチームは「勝つ野球」を目指すのか、「楽しむ野球」を目指すのかという論争がチームの中で起こりがちです。 若い頃は「勝つ野球」でみんなの意見が合うのですが、ある程度歳を重ねてくると、意見が分かれ始めます。 「アマは和して勝つ、プロは勝って和す」という言葉は有名な言葉でわたしが好きな言葉です。 アマだって「楽しむために勝つ」という側面もありますが、プロは勝たないことには話になりません。もちろん勝つためにお互いを知り、チームワークを発揮

スキ
2

エッセイっぽいもの

南海キャンディーズの山ちゃん、オードリーの若林さん、ハライチの岩井さんに憧れて、私もエッセイっぽいものを書いてみたいなと思いました。いざ書こうと思うと難しいものですが、独り言のつもりで書いています。

すべて見る

キーボードを打つ音がうるさい人に会いました

昨日電車で、異常にキーボードを打つ音がうるさい人に会いました。会ったというか、居合わせただけなのですが。 何かシンドロームとか、病名がついているのかなと、ネットで「キーボード打つのがうるさい人 病気」で検索したら、かなりの結果が出てきました。 また、下のスクリーンショットのように、いくつもの検索候補が出てきました。 どうやらお悩みの方は多いようです。 わたしの場合は、電車の中で数分くらいの出来ごとでしたが、これが毎日だとしたら、なかなか辛いですね。 キーボードのEnt

スキ
2

雑談はしたいですが、双方が暇なことってあります?

リモートワークのメリットが多々ある一方、寂しいのは、雑談の機会が減ったことではないでしょうか。 この記事によると、8割以上の方が雑談の必要性を感じているそうです。 わたしも、オフィスに行くメリットは、みんなでランチに行ったり、お茶をしたり、お菓子でも食べながら色んな話をすることだと感じています。仕事の話も、仕事以外の話もするのが楽しみです。 わたし自身は、誰かに話しかけてもらえるのが嬉しいはずなのに、その反面「忙しいときに、誰かの仕事の邪魔したくないな」という気持ちもあり

スキ
5

「古典はその時代のモダンアート」その時代の先駆者のみが後世に残る?

芸術家 岡本太郎さんの言葉だそうです。 時代の先駆者が、その後のスタンダードを作り、後世に残るようなカテゴリーをつくるということと解釈しました。 昔は、ゼロイチで何かを創り出す人に憧れていて、そうなれない自分にフラストレーションを感じることもありましたが、いまはゼロイチで創り出された何かを世に広める一助となることに魅力を感じています。 そして、いま進めようとしている新しいソリューションが、いつの日かスタンダードになると良いなと思っています。 モダンアートが古典になるよう

スキ
6

思考停止にならない訓練 その1 よく見るこのポスターについて調べてみました

何気なく生活していると、知覚が鈍っていると感じることがあります。 目に入ってくる情報には、知らない情報が多々あります。しかし、それに全て疑問を持っていては生活が窮屈になります。 一方「知らないことを見過ごす」ことに慣れてしまうと、成長が止まるような気もするわけです。 ですので、「何となく見過ごしてしまっていたもの」に少しだけでも焦点を当ててみようと思いました。 今日はその第一弾、これです。 主な出没場所は、街の居酒屋さんのトイレでしょうか。相田みつをさんの、名言カレン

スキ
3

わたしについて

すべて見る

英語と私

外資系の会社で働いています。 もう少しちゃんと英語を勉強してくれば良かったと思うことがあります。一方、出来ないのに、慣れてきたという側面もありますが、、、  今からさかのぼること、33年。高校時代のことです。わたしが通っていた高校は、帰国子女の入学枠がある高校でした。同時に、在学中に海外留学する人の多い高校で、わたしがいたクラスは、半分くらいの人が英語を喋れるといったクラスでした。 後にCNNのキャスターをすることになる人と隣の席になったときのことです。 英語のテストの

スキ
2

制約があったほうがやりやすいのは、問題解決型思考の限界?

ハロー張りネズミを読んでいましたら、東洲斎写楽の話が出てきました。 知らなかったのですが、写楽は、僅か10ヶ月の活動のみで、姿を消してしまったとか。こんなに著名な人なのに驚きです。 どうやらわたしは、こういう話が好きなようです。松下村塾が、吉田松蔭が教えていた期間はわずか2年半だとか、奈良時代は84年しかなかったとか、伊能忠敬は50歳過ぎてから日本を回ったとか。 そして、歴代の総理大臣たちも、そこまで長くない在籍期間に何かしら大きな仕事をしているということにちょっとした

スキ
2

休みの日に仕事のことを思い出したくなかった頃がありました

今日は久々のカヤックを楽しみました。過去の写真を見返してみましたら、どうやら4年ぶりくらいのようです。同時に、はじめてのSUPにも挑戦しました。 はじめてのSUPで、頑張って立ち上がり、フラフラと漕いでいる最中に、何故か急に仕事のことが頭をよぎり、転覆しそうになりました。 思い返せば、40歳を過ぎた頃くらいまでは、休みの日に仕事のことを思い出したくありませんでした。忘れたくても忘れることなど出来ず、常に気が休まらない感じでした。連休があっても、前半でなんとか仕事を忘れ、後

スキ
5

よく言う「運がいい」という時の「運」は、何運ですか?

わたしは、ありがたいことに、非常に運がいい人間だと思っています。 「運」にも色々ありますね。 金運、健康運、仕事運、恋愛運、他には何運があるでしょうかね。  スーパーのレジ待ちなど、わたしが並んだ列は大抵進みが遅いです。コンビニ、銀行、入国審査、列という列が遅いです。 (実際は運というより、列を選ぶセンスがないと思っています)  先日は車を盗まれて、次の車は飛び石でフロントガラスが大きく傷つきました。クジ運も良くないなと思います。健康だとは思います。 そう言えば、ダウ

スキ
6

組織運営・チーム作りについて

すべて見る

プロは勝って和す

草野球あるあるかと思うのですが、自分たちのチームは「勝つ野球」を目指すのか、「楽しむ野球」を目指すのかという論争がチームの中で起こりがちです。 若い頃は「勝つ野球」でみんなの意見が合うのですが、ある程度歳を重ねてくると、意見が分かれ始めます。 「アマは和して勝つ、プロは勝って和す」という言葉は有名な言葉でわたしが好きな言葉です。 アマだって「楽しむために勝つ」という側面もありますが、プロは勝たないことには話になりません。もちろん勝つためにお互いを知り、チームワークを発揮

スキ
2

成功確率を上げる or 失敗確率を下げる 両方をひとりでやるには限界があります。

何かを成し遂げたいと考えたとき、あなたは「成功確率を上げる派」ですか? 「失敗確率を下げる派」ですか? そんなの、ケース・バイ・ケースですよね。 とはいえ、パターンや傾向はありそうですよね。 営業であれば、 成功確率を高めるために、独自に業界の勉強をしたり、製品のトレーニングを受けたりします。商談の進め方についてのベストプラクティスを学ぶこともそうでしょう。 プレゼンテーションの訓練をして、自信を持ち、楽観的に行動することも成功確率を高めることでしょう。 失敗確率を下

スキ
4

市場開拓の難しさ、Ensure Customer Successの重要さは、この動画でわかります

皆さんは、子どもの頃のテレビゲームといえば何を思い出しますか? わたしは初期のファミコンからプレステ2くらいまでの印象が強いのですが、一番最初はブロック崩しだったような記憶があります。 この動画、なんとなくスカッとしますよね。 最初は、なかなか細い入り口にボールが入っていきません。さながら、新たな市場へアプローチする時の難しさのようです。やっと入ったと思っても、ボールはすぐに出てきてしまいます。 しかし、一度ボールが中に入ったら、一気にボールは増え、あっという間に全部

スキ
1

「人が辞めても機能する」組織とか、「誰が辞めても会社は回る」と言いますが

少し前の記事です。  (内容は読んでいないので、記事のタイトルだけからこのnote.を書いていますが)マネジメントとしては、個人に依存しないオペレーションを作り、考え得るリスクに備えるのは当然のことなのでしょう。 人が辞めても機能する組織を作るということは、マネジメントの責務なのだと思いますし、実際に、会社は誰が退職しても、止まらずに動き続けます。 でも、それはそれで「ちょっと寂しいな」とも思います。 わたしは「人が辞めても機能する」組織か、「誰一人欠けても困る」組織か

スキ
5

外資系でのキャリアデザインについて

外資系B2B SaaS企業におけるキャリアデザインについて、私なりの考えや情報をお届けします。

すべて見る

スタンリー・マクリスタル 『LEADERS』成功しているリーダの資質はあなたがイメージしているものと違うという話です

この本を読んだのは2、3年前かもしれません。メモがp.33までしかないところをみると、明らかに全部読み終わってはいないでしょう。覚えてませんけど、、 ただ、いかがでしょう? この三つのメモだけでも、この本を読みたいと思いませんか?少なくともわたしは読みたいと思いました。 p.8 「リーダーにふさわしいすべての資質を持つリーダーが得てしてうまくいかず、伝統的なリーダーの特性を何一つ持ち合わせていない者が成功している。人々が求め、称えるリーダーとしての資質が、どういうわけか何

スキ
5

逆、逆へ行こう

先日、こんなnote.を書きました。 飲まないのが流行っていると言われると、ついつい逆に行きたくなってしまいます。 最近では、紙タバコを吸う若者が増えているというニュースを目にしました。若者というのは、昔も今も逆へ逆へ行こうとするものなのでしょうね。 どうせ逆へ行くなら、キャリアについても「逆」を目指してみてはどうでしょうか? 国内有名大手企業、安定の公務員を「順」とするなら、外資系ベンチャー企業が「逆」でしょうか。 「逆張り」をしたくなった方は是非お声がけください。 

スキ
3

外資系企業のエグゼクティブから学んだこと 一枚のメモ

このJapan Cloudのブログに登場しているヒラリーさんには、二度ほど1on1をしてもらったことがあります。セールフォースで働いていたときのことです。 一度目は、サンフランシスコの本社で、二度目はそれから数ヶ月後、来日された際でした。 当時のヒラリーさんは、ある営業部門のグローバル責任者だったかと思います。わたしの立場からすると「わたしなんかに時間を使ってもらって申し訳ない」と恐縮する存在の方でした。 ヒラリーさんと1on1の機会があるだけでそれはわたしにとっては「

スキ
13

これから伸びそうな会社に入る

この本を読みました。 考えて生きる 合理性と好奇心を併せもつ (WPB eBooks)  成毛さん、ひろゆきさん、わたしの共通点は、出身大学です。 だからということはないのですが、好きな二人です。 限られた部分だけの抜粋で、前後の文脈無視ですが、本書中にこんなやり取りがあります。 もし自分が20歳に戻ったら、何をするか? を考えるときがあります。  やっぱりIT業界かなとも思いますし、エネルギー業界かなとも思います。いずれにしろ、大きな社会課題を解決する可能性を持った

スキ
5