小関 貴志  Coupa株式会社 | JAPAN CLOUD  | エグゼクティブコーチ
良かれと思って余計な一言を言ってしまうこと Adding Too Much Value これは結構難しいことだと思っています。
見出し画像

良かれと思って余計な一言を言ってしまうこと Adding Too Much Value これは結構難しいことだと思っています。

せっかく自分に相談してくれたのだから、何か自分もアイディアを伝えて貢献したいと思うものです。

誰かのアイディアや提案に対して、単に「いいね!」というだけでは、何も考えていないヤツだと思われるのではという恐れがあります。自分の価値を「何か足してあげたい」という気持ちになるのは責められないなぁと感じます。

マネージャーの仕事の1つは、メンバーの思考の枠を広げるサポートをすることかと思います。既存の考えや、これまでの経験に基づく思考の制約を広げるサポートです。そのために、こんなことを言うマネージャーの方はいらっしゃるかもしれません。わたしも何度も言ったことがあります。

  • こういう可能性もあるよね

  • これは検討してみた?

ここで頭に置いておきたいのは、自分としては「提案」のつもりが、相手に「指示」と受け取られてしまっては狙いと違ってくるということ。

「決めるのはあなただ」と言いつつ、自分の考えが採用されがちなマネージャーさんは、要注意かもしれません。

この動画のなかでマーシャル・ゴールドスミスが言うところの”suggestion becomes an order”です。

マーシャル・ゴールドスミスは、行動改善を得意としたコーチですので、アイディアの良さよりも、実行力を重視したアプローチかと思います。 

マーシャル・ゴールドスミスは、わたしが師と仰ぐエグゼクティブ・コーチです。わたしが 30歳くらいの時だったでしょうか、この本を読んだときには「ここに自分が改善しなくてはいけない全てがある」 と思ったものでした。

オススメの動画です。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

お読みいただき、ありがとうございました!

スキありがとうございます! 嬉しいです
小関 貴志  Coupa株式会社 | JAPAN CLOUD  | エグゼクティブコーチ
ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。 フォローやスキをいただけると大変励みになります!