小関 貴志  Coupa株式会社 代表取締役社長 | JAPAN CLOUD アドバイザー
レシピ通りに作るカレーは美味しいです まずは「守」から
見出し画像

レシピ通りに作るカレーは美味しいです まずは「守」から

平日も週末も、CoCo壱番屋のカレーを配達してもらって食べるのが好きです。

今日は、豚しゃぶカレー 400g 5辛、ハーフソーセージ、ハーフクリームコロッケ、ハーフほうれん草、チーズ、コーン、ソース増量です。まあまあ高くなりましたが、トッピングで自分好みのカレーに出来るのがCoCo壱番屋の醍醐味です。

CoCo壱番屋のようなカレーも大好きですが、自分で作るスパイスカレーも大好きです。

わたしが作るスパイスカレーは、水野仁輔さんのカレーです。水野さんの本は何冊も持っていますし、料理教室にも行きました。わたしの師匠です。


スパイスカレーは、スパイスの調合や、火の入れ方、諸々のタイミングが重要ですので、きっちりレシピ通りに作ります。その道のプロが、試行錯誤して辿り着いたレシピを尊重しない手はありません。この本の通りに作れば、美味しいカレーが出来上がります。

CoCo壱番屋は、具のトッピングで自分流にすることが醍醐味ですが、それは基本となるルーがあってこそ。プロがきっちり作ってくれたルーがあるからこそ、具のトッピングでアグレッシブな冒険が出来るのです。

わたしたちの仕事もそうだと思います。まずは基本に忠実に。最初のうちは下手な工夫をせず、レシピ通りにやってみることです。守破離の「守」です。

マネージャーの観点で言えば、「メンバーが好き勝手にトッピングできるように、そのベースとなるルーを作るのが、マネジメントの仕事」と言えるでしょう。 組織のベース、オペレーションのベースがあれば、色んなことにチャレンジ出来ます。

5辛はちょっと辛かったです。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

お読みいただき、ありがとうございました!

小関 貴志  Coupa株式会社 代表取締役社長 | JAPAN CLOUD アドバイザー
ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。