あい【愛】- 辞書を読む
見出し画像

あい【愛】- 辞書を読む

昔から米粒写経さんが好きです。二人とも個性と才能に溢れていて、もっともっとメディアで観たい人たちです。

米粒写経の一人、サンキュータツオさんに影響されて、たまに国語辞典を読みます。「日記のネタに、国語辞典は最高じゃないか!」と気づき、「あ」から読んでみました。

あい【愛】
個人の立場や利害にとらわれず、広く身のまわりのものすべての存在価値を認め、最大限に尊重していきたいと願う、人間に本来備わっているととらえられる心情。
新明解国語辞典 第七版
あい【愛】
そのものの価値を認め、強く引きつけられる気持。
ア かわいがり、いつくしむ心。いつくしみ恵むこと。いたわりの心。
イ 大事なものとして慕う心。慕い寄る心。恋。
ウ その価値を認め、大事に思う心。
岩波国語辞典 第八版

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

お読みいただき、ありがとうございました!

スキありがとうございます! 励みになります
小関 貴志  Coupa株式会社 | JAPAN CLOUD  | エグゼクティブコーチ
ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。 フォローやスキをいただけると大変励みになります!