小関 貴志  Coupa株式会社 代表取締役社長 | JAPAN CLOUD アドバイザー
スキルとしての「ごきげん」は、幸福になるための必要条件
見出し画像

スキルとしての「ごきげん」は、幸福になるための必要条件

こんな記事をみかけました。

先日、ちょうどこんな日記も書きましたが、三浦さんの言うところの「ごきげん」は持って生まれた性格でもあり、チームで働くためには、後から身につけるべきスキルでもあるのだと思います。

わたしの娘は、常に「ごきげん」です。立派な特技だと思いますし、あいにく勉強は得意では無いようですが、幸せな人生を送れるのでないかと期待しています。

わたし自身は、持って生まれた「ごきげん」さは無いので、意識しないと笑顔が作れません。。一方、短気さだけは持ち合わせていますので、それが欠点であると認識し、極力感情の波は作らないように意識しています。

意識せずとも、常に「ごきげん」でいたいですね。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

お読みいただき、ありがとうございました!

小関 貴志  Coupa株式会社 代表取締役社長 | JAPAN CLOUD アドバイザー
ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。