全社員が使うITサービスとしての責任 2021年10月27日
見出し画像

全社員が使うITサービスとしての責任 2021年10月27日

昨日、以前からお世話になっているお客様とお打ち合わせの機会がありました。 昨今の情勢で、なかなかお会いすることが叶わなかったのですが、念願の面談が実現いたしました。 

そこで改めて認識したことがあります。 (なぜそう思ったかの理由は詳しくはお伝えできませんが、、)

Coupaは全社員の方がご利用になる業務システムだということ。それにともなう責任感と緊張感です。 さらに言えば、お客様にとって大切な取引先様(サプライヤーさん)にもご利用いただく業務システム。それがBusiness Spend ManagementのプラットフォームであるCoupaだということです。

何を今さら言っているんだということでしょう。 

メールやコミュニケーションツールは全社員が使うシステムです。 Boxなどのシステムも全社員が使いますね。 しかし業務アプリケーションに近いカテゴリーではどうでしょうか? 人事系なども該当するかもしれませんが、意外と少ないのではないでしょうか。 サプライヤーさんなども含めば他には無いでしょう。

お客様や社会に貢献できる範囲や可能性が広がれば、その分責任が重くなります。 そしてやり甲斐が増します。 

改めて(今さらながら)そんな事を再認識した1日でした。



お読みいただき、ありがとうございました!

スキありがとうございます! 嬉しいです
外資系IT企業でのセールス、インサイドセールス、マーケティング、マネジメントに関することや、ビジネスには全く関係ない、独り言のような内容です。 2021年8月31日から、友人の影響をうけて日記を書いています。