苫米地英人 『認知科学への招待』

p.72 「ニンゲンは何か失敗したとき、仮説を立てて説明しようとし、それがインデックスとなって記憶になる」という考え方に基づいて、「Explanation Patterns」という概念が生まれてきました。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

お読みいただき、ありがとうございました!