Q: 面談依頼のメールに対して何も返信がない場合のリマインドをどのようにされていますでしょうか。頻度、方法(メールであればどのような文章で送るのか/電話であればどのような会話をするのか)を教えてほしいです。

Q: 面談依頼のメールに対して何も返信がない場合のリマインドをどのようにされていますでしょうか。頻度、方法(メールであればどのような文章で送るのか/電話であればどのような会話をするのか)を教えてほしいです。

A:返信が無いというのは、それが一つの返事だと思いますが、お客様の状況をイメージできると、次の一手が打ちやすくなるのではないでしょうか? 
もちろん、電話して繋がらなかったらメールもして、2営業日後にもう一度電話して、繋がらなかった2日後にもう一度。4回やって返信がなければリサイクル。といったものは合って良いと思いますが、機械化出来ないことに頭を使えるといいですよね。
ちなみに、下記のコンセプトダイアグラムは、お客様の状況をイメージする手法の一例です。(ここではマーケティングオートメーションの例です)

画像5


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!

お読みいただき、ありがとうございました!

スキありがとうございます! 嬉しいです
小関 貴志  Coupa株式会社 | JAPAN CLOUD  | エグゼクティブコーチ
このnote.では、Coupa株式会社の社長として、JAPAN CLOUDのアドバイザーとして、エグゼクティブコーチとして、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することや、コーチングに関することを日記として書いています。