アートとビジネス 2021年9月12日
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アートとビジネス 2021年9月12日

博物館や美術館に行くのが好きですが、自分で絵を描くことは学生時代の授業以来ありません。

絵は描けないのですが、鎌倉彫が好きでコロナ禍になる前は、月に何度か教室に通ってました。この写真はわたしの作品です。


社員の人にはお馴染みのCoupa Colorsは、青が一番強くて、次が赤です。

「論理」は好きですが、「アート」のセンスを感じたことはありません。写真を撮るのは好きですが、上手ではありません。

エグゼクティブコーチの先生から「小関さんのコーチングからはアートが感じられない」というご指摘をいただいたこともありました。

そもそも「アート」が苦手だと何か困るのか? 仕事上、絵を描くこともないし、音楽も映像も、あんまり仕事とは関係ない。なぜ「アート」と「ビジネス」という文脈で語られるのだろう?  コーチングにおけるアートとは? 

もっと自然にアートを楽しめば良いのでしょうが、それが出来ないのが性格なんでしょう。

それを学びたくて、2019年くらいに少し本を読んでみました。ご関心がある方は、こちらのマガジンをご覧ください。

本を読んで、そして対話型絵画鑑賞の講座を受講してみての結論は、(それをアートというかは分かりませんが)「従来の常識や前例があてにならないVUCA時代」「フラットな目線でありのままに、目に見えたものを感じること」一方、「同じコトも、人によって解釈はことなるのだと理解すること」そして「目に見えないものの背景にあることを見ようとすること」さらには「正解やソリューションがコモディティ化」している中で「問いを立てる力」は大切なスキルなんだと学びました。

アートをもっと学んでみたいと思ったわたしは、2019年12月に、仕事もせず時間があったこともあり、一人でルーブル美術館とオルセー美術館に2泊3日の弾丸で行ってきました。

アートとビジネスについては、また別の機会でも書いてみたいと思います。

この記事が参加している募集

自己紹介

お読みいただき、ありがとうございました!

スキありがとうございます! 嬉しいです
2021年8月31日から、友人の影響をうけて日記を書くことにしました。