福田さんとの対談 ミドルマネジメントシリーズ 今回もライターさんに上手にまとめていただきました
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

福田さんとの対談 ミドルマネジメントシリーズ 今回もライターさんに上手にまとめていただきました

福田さんとのお付き合いは長いのですが、このような形でご一緒するのは初めてかもしれません。

実際には、まとまりのない話だったと思いますが、ライターさんのおかげで上手にまとめていただきました。

このシリーズは、「ミドルマネジメント」についての連載です。わたし自身もミドルマネジメントとして、何か発信出来ると良いなと思ったのがきっかけです。

以下一部の抜粋です。是非記事をご覧ください。


福田:ミドルマネージャーの採用基準や育成について考えられていることはありますか?

小関:自分の領域の仕事ができているのは当たり前で、加えて上流と下流を幅広くカバーする余力があるかが基準です。それは能力というより、精神的なキャパシティですね。

 ミドルマネージャーの育成は「機会の提供」だと考えています。ミドルマネージャーにはあえて曖昧なオーダーを出して、その人がどこまでどのように対応するか、伸びしろを測ることもあります。

 自分のエゴや承認欲求を律する力がミドルマネージャーとして欠かせない要素だと思います。「部下の成功が自分の成功」というのが、綺麗ごとではなく、本音で出てくるようになるとベストですよね。


小関:面接などで「自分の価値を最大化したい」という言葉をよく聞きます。給料やポジションを“自分の価値”とする人がいますが、それは“結果”でしかありません。自分が他者に提供できる価値を最大化したときに、結果として、給料やポジションがついてくるのです。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

お読みいただき、ありがとうございました!

スキありがとうございます! 励みになります
小関 貴志  Coupa株式会社 | JAPAN CLOUD  | エグゼクティブコーチ
ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。 フォローやスキをいただけると大変励みになります!