スイッチオフの時に読める本は「緩めの本」になってしまいます
見出し画像

スイッチオフの時に読める本は「緩めの本」になってしまいます

ゴールデンウィークも後半戦ですが、今年のゴールデンウィークは、比較的のんびり過ごさせてもらえています。
海外のメンバーとはメールでやり取りをしつつも、日本のメンバーとのやり取りは急ぎのものだけにさせてもらぅているので、今日も終日スイッチオフです。状態で言うと、トップの写真のように空気の抜けた気球のような状態です。

ゴールデンウィークに限らず、休みの日にはメールのやり取りが少ないのは、日本も含めたグローバルメンバーの配慮を感じます。Coupaのカルチャーで好きなところです。

ゴールデンウィークのように長い休みに入り、スイッチオフの時は、出来るだけ難しいことは考えたくありません。。。そこがわたしの弱さであり、甘さかもしれません。一度考え始めてしまうと、交感神経優位に切り替わってしまい、ちょっとピリピリしてしまうのです。

ですので、読む本も「緩い本」になります
「緩い本」の代表は漫画です。『人間交差点』、『ハロー張りネズミ』、『ゴルゴ13』といった古い本を改めて読んでいます。他には、ファイヤーキングの本や、芸人のエッセイ本はリラックスして読めます。星新一の短編ものんびり読めますね。

来週月曜日から全開で仕事できるように、明後日くらいから読む本の緊張感を高め、気球に空気をためていきたいと思います。

この記事が参加している募集

休日のすごし方

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

お読みいただき、ありがとうございました!

スキありがとうございます! 励みになります
小関 貴志  Coupa株式会社 | JAPAN CLOUD  | エグゼクティブコーチ
ここでは、個人として、外資系IT企業におけるキャリア、マネジメント、セールス&マーケティング、インサイドセールスに関することから、全く関係ないことを書いています。 フォローやスキをいただけると大変励みになります!