マガジンのカバー画像

CMONOTE

17
運営しているクリエイター

記事一覧

トレードオフを扱っているマーケターは経営者です

チェス、将棋、囲碁などにおいては、コンピューターが人間に勝つ時代です。1997年 チェス、2013年 将棋、2016年 囲碁、それぞれAIが人間を倒した年だそうです。

面白いもので、「囲碁は将棋より遙かに複雑だからコンピューターに負けることは絶対にない」というように、「自分のやっていることは難しいんだよ」と言いたくなるのが人間というものかもしれません。

わたしの仕事においては「会社のリソース配

もっとみる
スキありがとうございます! 嬉しいです

W・チャン・キム、レネ・モボルニュ 『ブルー・オーシャン・シフト』



2005年に出版された『から10年。多くの事例が盛り込まれている。

マーケターにとっては、成長戦略を考える際、新サービスを出す際、競合対策を考える際などに読み直すと発見があるだろう。

スキありがとうございます! 嬉しいです
スキありがとうございます! 嬉しいです

ブレント・アダムソン他 『隠れたキーマンを探せ!』

チャレンジャーカスタマー
モビライザー

「サプライヤーの最大の競争相手は、ライバル企業の販売力ではなく、むしろ顧客の決断力なのだ」p.32

問題の定義
ソリューションの特定
サプライヤーの選定

顧客がサプライヤーに接触する前に、ニーズの特定および優先順位づけ、そのニーズを満たすために必要な能力の特定、その能力を提供できるサプライヤーの特定を終えている。

「実際、数百社の上級意思決定者を

もっとみる
スキありがとうございます! 嬉しいです

佐藤尚之 『ファンベース』支持され、愛され、長く売れ続けるために



p.141 「商品ではなく、価値を軸にコミュニティを作ること」

p.23から続く「好意の積み重ね」の図はわかりやすい。

スキありがとうございます! 励みになります

守屋洋 『世界最高の人生戦略書 孫子』



マイケル・I・ハンデル 『世界最高の人生戦略書 孫子とクラウゼヴィッツ』2012年9月 日本経済新聞出版社と一緒に読むと良い。

有名なところでは、"彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず" や "風林火山"がある。

個人的に印象に残ったところで、

"兵は詭道なり"

 "善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり。故に善く戦う者の勝つや、智名なく、勇功なし。"

"上兵は謀を伐つ。その次は交を伐

もっとみる
スキありがとうございます! 嬉しいです

リチャード・セイラー 『セイラー教授の行動経済学』



意思決定に関する理論には、規範的理論と記述的理論があるという。

規範的理論は、合理的な意思決定とは何か、どうあるべきかを扱う、経済学的アプローチと解釈できる。

記述的理論は、実際に人間がどのような意思決定を行うかを扱う、心理学的アプローチという言い方ができるだろう。

スキありがとうございます! 励みになります