CMONOTE

16

W・チャン・キム、レネ・モボルニュ 『ブルー・オーシャン・シフト』



2005年に出版された『から10年。多くの事例が盛り込まれている。

マーケターにとっては、成長戦略を考える際、新サービスを出す際、競合対策を考える際などに読み直すと発見があるだろう。

スキありがとうございます! 嬉しいです

ピーター・センゲ 『世界はシステムで動く』



システム思考というキーワードで手にとった本、『世界はシステムで動く』。ピーター・センゲの『システム思考』とあわせて読むと良いだろう。

「なぜシステムはとても良く機能するのか?」というと、レジリエンス、自己組織化、ヒエラルキーの3つがあるからとのこと。

そして「モデルの有用性は、そのシナリオが現実的かどうかで決まるのではなく、シナリオに対して現実的な挙動パターンで反応できているかどうかによっ

もっとみる
スキありがとうございます! 嬉しいです

フィリップ・コトラー 『コトラー 新・マーケティング原論』



「新」といいつつ、2002年に出版された本。

気がつくと、「今の時代」が当たり前になっている自分。あらためて当時の課題感や、その時点からみた未来予測を書籍を通じて学ぶことは、現時点からの未来を考えるうえで役にたつ。

2018年8月に読んでも、「斬新なこと言ってるな」とはならず、「当たり前のこと言ってるな」と感じるのは逆に驚き。

スキありがとうございます! 嬉しいです

茂木誠 『世界史で学べ! 地政学』



歴史に興味がありつつ苦手な私。戦略に興味があるので地政学に関する本は何度か読んできた。

夜暗くなったなかで、何を読もうかと思ったところ、Kindleに入っていた『世界史で学べ! 地政学』を読んだ (「手にとった」と言いにくいのがKindle本)

地政学の発想で、ビジネスの世界を見渡してみると、競合戦略やパートナーシップも違ってみえてくる。

スキありがとうございます! 嬉しいです