マガジンのカバー画像

エグゼクティブコーチングノート

18
運営しているクリエイター

#stayconnected

結婚式とコーチング 素敵な結婚式で感じたこと

昨日は結婚式と披露宴にお招きいただきました。 とても温かい空気に包まれた素晴らしい夜でした。 結婚式にお招きいただく度に感じることがあります。 それは、その結婚式の主人公である知人・友人が幸せでいれば、結婚式に参列した皆さん全員も幸せでいられるし、その知人・友人が悲しめば、この披露宴会場の全員が悲しむのだということです。  ということは、わたしがその知人・友人に何かの影響を与えたとしたら、間接的にそして時には直接的に、この結婚式に参列している皆さんにも影響を与えるという

スキ
9

自分が責任をとるという綺麗事

「結果が悪かったら責任をとるのは自分だ」というフレーズがありますね。スポーツの監督や、マネジメントが使うことが多いでしょうか。「現場は悪くありません。全てはわたしの責任です」 というよく耳にするフレーズです。 わたし自身も、マネジメントに携わる立場としてそう思いますし、そのつもりで仕事をしています。そして実際に結果が悪かったらそうなる(社長が責任をとって辞める)ことになるとも思います。  ただ、こうも思います。「(監督や社長の)お前は責任をとって、ヒーロー気分で気持ちいい

スキ
2

監督の戦い方にあった選手を獲得するべきか? ガチャには際限がありません。

わたしは野球が好きで、18歳の時に中学時代のチームメイトと草野球チームを作りました。わたしは最近参加できていないのですが、チームはまだ活動を続けています。 そのチームの飲み会が先日ありました。何歳になっても同じ話題で飲めるのは幸せですね。 さて、タイトルの「監督の戦い方にあった選手を獲得するべきか?」ですが、監督を社長に置き換え、仕事に例えればYesであり、Noでもあると考えています。 会社の価値観と社長の価値観が同じである限り、社長の価値観にあった(イコール会社の価値

スキ
3

わたしの採用面接は、とてもシンプルです

わたしが採用面接するときに、留意している点は非常にシンプルで、たった1つだけです。 それは、面接を通じて相手の方を尊敬できたかどうかです。 相手のポジションやキャリアに関わらずです。マネジメントの採用であっても、新卒であっても同様です。  尊敬の要素をわたしなりに分解してみました。 1.学びを与えてくれる人であること  これは簡単で、最低条件です。 優秀の定義を考えたことはないですが、面接の中で「新しい学び」を与えてくれたときに「自分より優秀」な方だなと感じます。 「そ

スキ
3

デレク・シヴァーズとボンジョビおじさんから学ぶリーダーシップの形

数あるTEDの中でも、私が好きな1つがこちらです。デレク・シヴァーズがリーダーシップの形について語っています。11年も前のTEDのようですが、3分くらいの短い動画ですので観たことがない方は一度観られることをおススメします。 デレク・シヴァーズは、何かのムーブメントが広がるとき、「一般大衆が真似る対象は、最初に何かをスタートした人ではなく、最初にフォローした人」だといいます。 ともするとリーダーシップというものは、最初に何かを始めた人なのではないか?と思いがちですが、最初に

スキ
2

「実現可能な計画は予定」だと土光敏夫さんは述べています

一年の計は元旦にありといいますが、その前後の言葉もあるようですね。諸説あってどれが正しいのかわからなかったので、ここではご紹介しませんが、興味がある人は検索してみてください。わたしは「米百俵」の精神について調べているうちに面白くなって長岡市のホームページにたどり着いてしまいました。 さて「一年の計は元旦にあり」に戻りましょう。 その「計画」ですが、土光さんはこんなことを言われているそうです。 土光敏夫 1896年生 1950年 現 石川島播磨重工業 社長就任 1965年

スキ
3

忖度って、実際にはありますよね

2017年に、新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた「忖度」。忖度というのは「良くないことの象徴」であり、「古い組織の典型例」のように言われていますね。  確かにそれによって身動きが取れなくなったり、 日和見的な意思決定になるのは面白くありません。一方で、実際には色々ありますよね。 外資系企業で働くわたしにとっては、本社のエグゼクティブからのアドバイスをもらった時に「忖度」が発動します。  方針、指示、命令であれば、忖度とは言いませんが、アドバイスを求めてもらったアドバイス

スキ
3

スキルとしての「ごきげん」は、幸福になるための必要条件

こんな記事をみかけました。 先日、ちょうどこんな日記も書きましたが、三浦さんの言うところの「ごきげん」は持って生まれた性格でもあり、チームで働くためには、後から身につけるべきスキルでもあるのだと思います。 わたしの娘は、常に「ごきげん」です。立派な特技だと思いますし、あいにく勉強は得意では無いようですが、幸せな人生を送れるのでないかと期待しています。 わたし自身は、持って生まれた「ごきげん」さは無いので、意識しないと笑顔が作れません。。一方、短気さだけは持ち合わせていま

スキ
5